Google
 
Awstats
たぶねこ @ 2007年8月17日 12:09 AM

FEDORA CORE 4にて、8月9日にまたAWSTATSが自動更新されたようで、それ以来AWSTATSが表示されなくなっていましたが今日対応しました。毎度の事ながら、更新するとそのまま動いてくれないのはどういうことなのか、とりあえず把握したのでご報告。


まず、FEDORA COREの自動更新で使われるAWSTATSは、何回かに1回の割合で「 /usr/sare/wwwchroot/cgi-bin/ 」と「 /var/www/awstats 」で場所を変えてUPされています。これはもしかするとクラッカー対策で意図的にやっているものかもしれないのですが、そのおかげで毎回設定しなおしになります。

ここでawstatsの設定についてのおさらいですが、まずApacheの設定から。
/etc/conf.d/awstats.conf にて、Directory が定義されていますが、これが間違っていて、
本来は、「 <Directory /var/www/awstats> 」としなければ行けないところを「 <Directory /var/www/awstats/> 」と
最後に「 / 」がついている事で、アクセスが出来なくなっています。
また、これは環境にもよりますが Directoryのなかの 「 Deny from All 」が定義されていますので、サーバー自身から利用する以外はこの辺りも適宜に編集する必要があります。
また、今回はiconのAliasesが変更されていて、「 awstatsicons 」から「 awstats/icon 」になりました。
それに伴って「 /etc/awstats 」にある各定義ファイルに修正を入れないとアイコンが表示されなくなります。

ここまで対応して、後は集計しなおせばまた出るようになりました。
・・・なんとか修正を必要とせずにアップデートできないものなのでしょうかね~~~?(~~)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

Copyright (c) 2007 njcFactory All rights reserved.
HTML convert time: 0.270 sec
Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo
Powered by WordPress.