Google
 
SMARTY
たぶねこ @ 2007年7月19日 8:15 PM

SMARTYでテンプレートを暫く使っていると、作成したテンプレートを同じフォルダに保存してしまっていた為に大量になってしまいました。ディレクトリを指定するSmartyクラスをディレクトリ毎に作成すれば問題はないんだろうけど、なるべく手を抜きたい(~~)・・・いやいや、共通的に使用したいのでテンプレートを指定する際にどう指定すれば階層構造を再現できるか試してみました。
(続きを読む…)

SMARTY
たぶねこ @ 2007年7月15日 2:58 PM

SMARTYは「テンプレートエンジン」だけど「WEBページの」とついていないのはWEB以外のテンプレートとして使って良いってことなんだと解釈しています。・・・と言うのも、fetchメソッドがあるため、作成したデータを変数に出力できてしまうので、いくらでも出力先は選べるってことで、とりあえずメールのテンプレートとして使ってみます。
(続きを読む…)

SMARTY
たぶねこ @ 2007年6月13日 8:51 AM

テンプレートの動的変更箇所(ソース修正を伴わず操作/状況により自動的に表示内容を変更する箇所)を記述するためのデータ記述例を下表に示します。
尚、PHPからSMARTYへの変数などの割り当ては、同名で指定されているものとします。

(続きを読む…)

SMARTY
たぶねこ @ 2007年6月12日 11:43 PM

まずは、SMARTYのクラスを定義します。
Smartyクラスから継承して、テンプレートのディレクトリも定義しておきます。

[DOCUMENT_ROOT_DIR]/SMT.php

require_once(”smarty/Smarty.class.php”);
class SMT extends Smarty {
 public function __construct() {
  $this->Smarty();
  $this->template_dir=ROOT_DIR.”/template/”;
  $this->compile_dir=ROOT_DIR.”/tmplate_c/”;
 }
}
template_dir テンプレートのソースを保存するディレクトリです。
compile_dir テンプレートをコンパイルしたPHPソースが作成されますので、
パーテーションを書き込み可能にしてください。

※ROOT_DIRは、アクセスできない場所にした方がいいでしょう。

(続きを読む…)

SMARTY
たぶねこ @ 2007年6月11日 10:35 PM

smartyは、PHP用のテンプレートエンジンです。テンプレートとは、出力を行う際に使用するフォーマットの事で、PHPで編集した値をテンプレートに埋め込んで表示するようにします。一見効率が悪いように思えますが、開発の際にPHP側では表示を意識せずにデータを配列に保存さえすればいいと言うことと、テンプレート側は埋め込む値と繰り返しなどの制御は特別な方法があるので別途覚える必要がありますが、その辺は後回しにしてとりあえずは普通にHTMLを作成してしまえばいいのでデザイナーとの分業が楽になります。表示効率面でも、smartyにはキャッシュ機能が備わっているため、2度目の表示以降は通常のPHPソースと同等の表示速度となります。
(続きを読む…)

Copyright (c) 2007 njcFactory All rights reserved.
HTML convert time: 1.143 sec
Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo
Powered by WordPress.