Google
 
Inkscape
たぶねこ @ 2007年4月1日 12:52 AM

InkScapeは、タダで使えるドローグラフィックエディターです。
Linax、Windows,Mac用がありますが、まだまだバージョン0.4.Xと言うこともあり、プロが商売道具としてお金を賭けて覚えなければいけないようなイラレ程の機能や安定性はないようですが、これからパソコンお絵かきを始めようとする人達にとっては、十分すぎる機能がそろってると思いますよ。
おいら的には、どっちかというとイラレより使いやすいですし(イラレ自体まともに使ったことありませんが、機能が多くて覚えるのメゲてます。)、なんと言っても、タダってことが一番とっつきやすいから、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

おいらは、用語とか詳しい機能については詳しくないです。なのでここを書くに当たっては、いろいろなところで調べながらおいらにでも判るように書く事を目標として、使って楽しそうなところを重点的に紹介して行こうと思います。そんなわけでわからない事だらけなので、知っている方は教えてくださると助かります(~~)

それでは、まずはインストール!!とはいかないで、なんとなくインストールについては省略してみます。まぁ検索すればすぐ見つかるのでそちらに任せて、軽く画面説明から行きましょうか~♪(~▽~)

■起動直後の画面
初期画面
・ドキュメントは最初から開いてます。
(サイズを考慮しなきゃいけないときは、新規で開いたほうが早いかね。)
・絵を描くための(1)ツールバーは左側に縦に並んでます。
・(2)コントロールバーや(3)ツールコントロールバーは上側に表示されます。
・下には(4)スウォッチ(カラーパレットバー)と(5)ステータスバーがあります。

(1)ツールバー
描画用の機能を選択します。マウスオーバーすると、ポップアップでなんの機能をするボタンなのかや、ショートカットキーを教えてくれます。
機能紹介

以降は細かくなるので使うときにその場で紹介するとして軽く紹介(~~)

(2)コントロールバー
共通な操作や補助的な機能をマウス操作で選択できます。

(3)ツールコントロールバー
ツールバーで選択した機能の詳細な設定や補助的な機能を選択します。

(4)スウォッチ(カラーパレットバー)
オブジェクトの描画色を選択します。
右端のボタンでカラーテーマの選択や表示の設定ができます。

(5)ステータスバー
選択したオブジェクトの状態が表示されます。
ズームや表示状態の変更なども行えます。

軽すぎて判らないかもしれないけど、ここでまとめて説明しても覚えてらんないので、用途逆引きで次回以降で説明が入ることと予測されます。

さ~て次回は、「図形の操作」を行ってみようと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

Copyright (c) 2007 njcFactory All rights reserved.
HTML convert time: 0.269 sec
Images is enhanced with WordPress Lightbox JS by Zeo
Powered by WordPress.